近日刊行
2回配本
龍谷大学仏教文化研究叢書52

欧文反省雑誌 復刻版

全4巻
反省雑誌社〈1897(明治30)年1月~1898(明治31)年12月〉

【責任編集・解説】
中西直樹(龍谷大学文学部教授)

【総目次作成・解題】
嵩 満也(龍谷大学国際学部教授)

【推薦】
ケネス田中(武蔵野大学名誉教授)

体裁/A5判、上製、総約1,654頁
揃定価/110,000円(本体100,000円+税10%)
刊行年月/2024年6月~2025年6月

※本誌の原題は『The Hansei Zasshi』ですが、本書では当時の呼び名に従い『欧文反省雑誌』としました。

本の内容

1897(明治30)年1月に創刊された『The Hansei Zasshi(欧文反省雑誌)』は、口絵に日本の風俗や美術品などの木版刷錦絵があしらわれた贅沢な雑誌であった。
雑誌創刊を後押しした大谷光瑞(本願寺派第22世宗主)による西域探検や海外布教の意図を持ち合わせていた本誌は、欧米やアジアに向けて数万部が発送され、国宝級建築物などのカットを添えながら、英文と露文で自国の宗教文化の解説を試みている。

配本概要

刊行年月巻数(収録号)ISBN価格
第1回配本2024年6月第1巻〜第2巻978-4-86691-757-355,000円(本体価格50,000円+税10%)
第2回配本2025年6月第3巻〜第4巻978-4-86691-758-055,000円(本体価格50,000円+税10%)